ニキビ美容液

MENU

ニキビに効く美容液で美しい肌を手に入れる

ニキビ美容液

ニキビ美容液は、ニキビを治療する有効成分がたっぷり含まれ、ニキビ跡の改善、保湿、美白効果など、肌の再生を促す成分がいっぱい含まれています。

 

美容液は、洗顔と保湿を行った後、肌をバリアしながら有効成分を届ける役割があります。

 

化粧水の主な成分は水分ですので、そのまま放っておくと蒸発してしまいます。

 

美容液を使用することで、有効成分や潤いを閉じ込めながら、肌に浸透させてくれるのです。

 

美容液は有効成分が高濃度で入っていることが多く価格も多少高くなりますが、その分効果も確かに感じられますので、できるなら使用しておきたいところです。

 

コチラでは数ある美容液の中でも、特にニキビケアに効果の高い美容液をランキング形式で紹介します。

ニキビ効く美容液ランキング

ベルブラン

ニキビ美容液

  • ニキビ跡の肌を内側からケアする、ニキビ染み用美容液
  • モンドセレクション2015金賞受賞、満足度92%
  • 無添加、日本製、医薬部外品、60日間返金保証

ニキビ美容液

ニキビ美容液

価格 内容量 おすすめ度
4,228円

★ベルブラン30ml(1ヶ月分)

ニキビ美容液
ビーグレン

ニキビ美容液

  • 肌質の改善を行い、大人ニキビを繰り返さない根本的解決
  • 浸透テクノロジーキューソームで角質の奥まで有効成分を浸透させる
  • 24時間カスタマーサービス、送料無料、365日間返品・返金保証の安心サービス

ニキビ美容液

ニキビ美容液

価格 内容量 おすすめ度
1,800円

★クレイウォッシュ(15g)
★クレイローション(15mL)
★Cセラム(7mL)
★QuSomeモイスチャーゲルクリーム(10g)

ニキビ美容液
ラ・ミューテ美容液

ニキビ美容液

  • 上質を極めた女性の大人ニキビを根本から解決する!プロのこだわりが詰まった美容液
  • 天然ダマスクローズ100%の優しい芳醇な香りと、製薬会社との共同開発によるこだわりの効果
  • 180日間全額返金保証、女性ホルモンセルフケアBOOKプレゼント、半額キャンペーン中!

ニキビ美容液

ニキビ美容液

価格 内容量 おすすめ度
3,650円

★ラ・ミューテ美容液(30g)

ニキビ美容液
ラピエル

ニキビ美容液

  • 10種類以上の美容成分を配合、寝ている間にサポート翌日潤い肌になる究極のナイト美容液
  • 「ローズ水」「プラセンタエキス」「カタツムリ分泌液」の3代美容成分配合、可愛いデザインボトル
  • ゆんころちゃんからのメッセージ入り、水分チェッカープレゼント

ニキビ美容液

ニキビ美容液

価格 内容量 おすすめ度
7,389円

★ラピエル(30g)

ニキビ美容液
ノブACアクティブ

ニキビ美容液

  • 臨床皮膚医学に基づいたニキビケア。ビタミンC誘導体配合で保湿、美白効果も期待できる
  • 医薬部外品、無香料無着色、ノンコメドジェニックテスト済み、@コスメ1位
  • 送料無料

ニキビ美容液

ニキビ美容液

価格 内容量 おすすめ度
1,500円

★クレンジングリキッド(20ml)
★ウォッシングフォーム(15g)
★フェイスローション(2ml×2個)
★フェイスローション モイスト(20ml)
★モイスチュアミルク(6ml)

ニキビ美容液

 

ニキビに効く美容液は?

 

ニキビやニキビ跡を解消する為に欠かせない存在である、美容液。
この美容液ですが、“使えば何でも良い”というわけではありません。

 

美容液を選ぶ際には、自分のニキビの状態に合わせた成分が入っている物を選ぶ必要があります!

 

自分のニキビが一体どのタイプなのか?
どのニキビには、どの美容液成分が効果を表すのか?

 

ニキビを解消する為に必要な、美容液の選び方をご紹介します!

 

自分のニキビはどのニキビ?

 

美容液を選ぶ際には、自分のニキビに合わせた美容液成分が含まれているものを使う必要があります。

 

自分がどのニキビに当てはまるのか?
まずはこちらをチェックしてみて下さい。

 

クレータータイプ

 

ニキビを潰しすぎてニキビ跡がデコボコになってしまっている場合は、こちらのタイプです。
ニキビを繰り返しやすく、月のクレーターのようにデコボコとなっているのが特徴と言えるでしょう。

 

赤ニキビタイプ

 

ニキビが赤くなって痛みがある方はこちらのタイプです。
アクネ菌が炎症を起こしているため、再発がしやすく治りにくいタイプのニキビとして知られています。

 

白ニキビ、黒ニキビタイプ

 

痛みが無く、毛穴が詰まっているタイプのニキビです。
このニキビの場合は、毛穴のつまりを改善することで自然とニキビが無くなるので…
汗をかくように心がけることと、洗顔を行うことを重点的に行いましょう。

 

シミタイプ

 

ニキビ跡が色素沈着してしまい、シミになっている場合はこちらのタイプです。

 

ニキビ別 美容液成分の選び方方法

 

ニキビやニキビ跡のタイプがわかったら、次は美容液成分の選び方です。
自分のタイプに合った美容液成分が含まれた商品を使うようにしてみましょう。

 

クレータータイプ

 

デコボコとなってしまって自分ではどうしようもないと感じてしまうこのタイプのニキビ跡。
この場合は、肌にハリを与える効果の高い“プラセンタ”や“コラーゲン”が含まれている物を選びましょう。

 

肌にハリを与えることで、クレーター部分も徐々に膨らみ、症状が改善されていきます。

 

赤ニキビタイプ

 

赤ニキビタイプの場合は、“ビタミン”や“ビタミンC誘導体”が含まれている物を選びましょう。
ニキビの炎症を抑え、ニキビ跡の赤みを薄くしていく効果があります。

 

こちらの成分は、人によっては肌がかぶれてしまうなどの副作用が起こる可能性がありますので…
最初は腕の目立たない部分に付けて、様子を見てみましょう。

 

シミタイプ

 

シミタイプの場合は、色素沈着を改善させるために“ハイドロキノン”が含まれたものをオススメします。

 

シミや色素沈着を薄くする効果が高いことで有名なこの成分ですが…
こちらの場合も、人によっては肌に合わない場合があります。
その為まずは、目立たない部分で試してから使うようにしましょう。

 

 

「結局どの美容液を選べば良いのか、たくさんあって悩んじゃう…」
そんな方にはまず、ニキビやニキビ跡のトータルケアが出来る、こちらのニキビケア商品がオススメです。