赤ニキビ

MENU

赤ニキビに効果的なニキビケア方法はコレ!

赤ニキビは、白ニキビ黒ニキビが出来て、次の段階になります。

 

赤ニキビになってしまうと、白ニキビの時に比べると元通りの綺麗な肌に戻る可能性は低くなってしまいます。

 

ニキビができたらできるだけ早い対処をして、白ニキビのうちに完治させたいところです。

 

ですが、できてしまったものは仕方がありません。

 

こちらでは、赤ニキビになっても綺麗な肌へと戻れる可能性がある方法をご紹介します。

 

赤ニキビの原因は?

赤ニキビは肌のターンオーバーが乱れて起こりますが、その1つの原因としては、皮脂の分泌過剰が挙げられます。

 

皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に汚れが残り、アクネ菌が増殖します。

 

アクネ菌は雑菌を食べて増殖しますので、肌を不潔にしていると益々ニキビはひどくなっていまいます。

 

できるだけ毛穴に角質を残さないように、毎日の洗顔などによるケアが大切です。

 

赤ニキビを悪化させないための生活習慣

患部を触らないこと!

凹凸のある部位は、どうしても手で触りたくなります。

 

また、顎などにできると目立つため、隠したいという心理から手で触ってしまう事もあります。

 

ストレスを上手に解消!

ストレスがエスカレートすれば、赤ニキビは益々ひどくなったり、他の部位にも増えたりする事があります。

 

そんな状況にならないためにも、自分の好きな趣味やスポーツに没頭する時間が欲しいですね。

 

刺激物を避ける、アルコール、タバコ

アルコールは肝臓機能を低下させ、解毒効果も弱めます。タバコも刺激になるため、こうした刺激物はなるべく避けるようにしましょう。

 

ストレス解消としている人は、少しずつ量を減らすなどします。

 

便秘改善!を心がける

腸内をクリーンにする事で肌トラブルもなくなるでしょう。

 

食物繊維や乳酸菌を適度に摂取してニキビのできにくい体質を作ります。

 

そうする事で、赤ニキビに発展していくリスクも低くなります。

 

皮膚科での赤ニキビ治療とは

赤ニキビの炎症度がひどくなれば、医療機関での治療に踏み切った方が良い場合もあります。

 

赤ニキビになると、にきび跡も心配になってくるため、早めに炎症を抑制させる治療になるでしょう。

 

ニキビの治療は、治療期間が長くかかるため、薬の副作用などは、しっかり主治医から確認が必要です。

 

内服、外用薬はどのようなものか

おもな、赤ニキビの治療には、副作用の少ないクラリスや、ルリッドなどとよばれるマクロライド系抗生物質や、ゲル状、クリーム状の抗生物質外用薬が処方されるでしょう。

 

また、ホルモンの乱れによるものであれば、漢方薬も併用する事があるでしょう。

 

膿を出すあっ出方法

自分では決して、赤ニキビをいじったり、触ったりしてはいけないのですが、正直、ニキビ内に溜まった膿を出した方が、改善が早いのは事実です。

 

ですが、素人がニキビをつぶしてしまうと、バイキンも繁殖しやすく、悪化したり、ニキビ跡になったりするリスクも高くなるのです。

 

医師の元で膿を出す方法ならば、安心といえるでしょう。

 

患部に直接!注射治療

炎症を鎮める内服や外用薬は抗生剤を使用しますが、 炎症のひどく、硬くなった赤ニキビには直接に、抗生剤の注射治療をする場合もあります。

 

にきび跡にしないために!

赤ニキビを悪化させたくない理由に、ニキビが跡化してしまう事です。

 

そうならないためにも皮膚科医によるピーリング治療などが施されたりもします。

 

また、皮膚科では、皮膚科医が携って研究開発したニキビ用スキンケア商品をすすめる事もあります。

 

ですが、必ずしも、それが赤ニキビにぴったりかと言ったらそうとも言い切れず、効果に不満や物足りなさを感じる人も少なくありません。

 

自分にぴったりの成分と浸透技術、尚且つ、コスト面でも継続できそうなスキンケア選びをするのが理想的でしょう。

 

赤ニキビを目立たなくするメイクアイテムやテクニックとは

赤ニキビは、とても目立ちやすく、他人の視線が集中してしまいます。

 

鏡を見るたびに目立つ赤ニキビを見て「早く治って欲しいと」ため息をつく人もいるのではないでしょうか。

 

赤ニキビのコンプレックスに負けないためにも、目立ちにくくするメイクをまとめています。

 

ファンデのダブル使い

赤ニキビにはパウダーファンデを単品使いしただけでは、カバー力が落ちるでしょう。

 

夏ならリキッドを、冬ならクリームタイプのファンデをベースに、そのうえからパウダータイプをのせてあげるのが効果的です。

 

コンシーラーでカバー

肌カバーの元祖アイテムといえば、コンシーラーの右に出るアイテムはないのではないでしょうか。

 

赤みはイエロー系で抑える事ができますので、コンシーラーもイエロー系をつけてあげると良いでしょう。

 

コントロールカラーで赤みを補正

下地の段階で赤みを補正してあげれば、その後のファンデを重ねづけしたり、厚づきにしたりする必要はありません。

 

コントロールカラーを使用する場合は、グリーン系をつけてあげると赤ニキビを自然にカバーできるでしょう。

 

メイクのポイント!赤ニキビ部分を派手にしない!

目の錯覚を利用しましょう。

 

例えば、顎に赤ニキビができていれば、リップを派手にせず、目元をちょっぴり華やかにします。
患部パーツから目をそらさせるというテクニックですね。

 

逆も然りで、おでこや、眉間などに赤ニキビができていたら、口元のリップを華やかにして、口元に目を向けるようにします。

 

まとめ

赤ニキビになるまでに、なんとか完治させたいものですが、なってしまったら仕方がありません。

 

それ以上、ひどくならないようにする努力や、跡にならないように専門医の治療が必要になる事もあるでしょう。

 

ニキビの悪化は、自分でもどうしようもないケースが殆どです。

 

赤ニキビのできにくい肌になるように、生活習慣や、赤ニキビ対策のできるようなスキンケアをしっかりと築き上げたいものです。

 

赤ニキビに効くニキビケア

赤ニキビは炎症も重症化しているので、肌のターンオーバー促進するビタミンCが配合されているニキビケアが良いです。

 

特にオススメなのはビーグレンのニキビケアセットです。

 

ニキビケアセットにはクレイウォッシュ、クレイローション、Cセラム、キューソームモイスチャーゲルクリームがセットになっています。

 

赤ニキビ

クレイウォッシュは泥の洗顔料で、赤ニキビの炎症の原因である毛穴の奥深くにあるニキビの原因菌を吸着して、汚れを掻き出します。

 

そして美容液であるCセラムには、ターンオーバーを促進させるビタミンCが高濃度で含まれております。

 

ビーグレン独自のキューソームの技術で、角質層の奥深くで有効成分の詰まったカプセルが弾けることにより、通常では届かない各層に浸透します。

 

トライアルセットはビーグレンのサイエンスコスメの技術がギュッと詰まっています。

洗顔料で汚れを吸着、しっかりと落とします

化粧水で水分バランスの整った潤いを与え、炎症を鎮めます

Cセラムでターンオーバーを助け、皮脂バランスを整えます

モイスチャーゲルが潤いを閉じ込め、肌をしっかりと守ります

ニキビケアの要所をしっかりと抑えているとても贅沢なニキビケアが、健やかでキメの細かい肌を実現させてくれます。

 

赤ニキビの炎症はひどくなるとニキビ跡になったり、色素沈着の原因となりますので、早めのケアが必要です。

 

また、赤ニキビは白ニキビや黒ニキビよりも重症で、顕在的に脂性肌の方などが起こりやすいです。

 

場合によっては医師の診断を仰いだほうが良い場合もありますので、診療するのもひとつの手かと思います。

 

おそらくビーグレンの技術はニキビケアの中でも最高峰なので、ビーグレンを使用してもニキビの改善が見られない場合は、他のニキビケアを試して渡り歩くよりも素直に皮膚科に診てもらったほうが、良いかと思います。

 

ビーグレンの公式サイトはコチラから