ニキビ跡

MENU

ニキビ跡ケアランキング

ベルブラン

ニキビ跡

  • ニキビ跡の肌を内側からケアする、ニキビ染み用美容液
  • モンドセレクション2015金賞受賞、満足度92%
  • 無添加、日本製、医薬部外品、60日間返金保証

ニキビ跡

ニキビ跡

価格 内容量 おすすめ度
4,228円

★ベルブラン30ml(1ヶ月分)

ニキビ跡

 

リプロスキン

ニキビ跡

  • 硬くなった肌を柔らかくして、ニキビ跡をケア!
  • ニキビ跡の凸凹・赤らみ・黒ずみ対策に ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水!
  • 60日間返金保証、無添加、日本製

ニキビ跡

ニキビ跡

価格 内容量 おすすめ度
4,240円

★リプロスキン(100ml)

ニキビ跡

 

ビーグレン

ニキビ跡

  • 肌質の改善を行い、大人ニキビを繰り返さない根本的解決
  • 浸透テクノロジーキューソームで角質の奥まで有効成分を浸透させる
  • 24時間カスタマーサービス、送料無料、365日間返品・返金保証の安心サービス

ニキビ跡

ニキビ跡

価格 内容量 おすすめ度
1,800円

★クレイウォッシュ(15g)
★クレイローション(15mL)
★Cセラム(7mL)
★QuSomeモイスチャーゲルクリーム(10g)

ニキビ跡
ルナメアAC

ニキビ跡

  • @コスメ1位など、多数のコスメ大賞受賞
  • FUJIFILMの新技術で、肌に優しく効果を実感できるニキビケアを実現
  • 送料無料、泡立てネット付き

ニキビ跡

ニキビ跡

価格 内容量 おすすめ度
1,000円

★ファイバーフォーム(15g)
★スキンコンディショナー(30ml)
★スキンコンディショナーしっとりタイプ(3ml×2包)
★ジェルクリーム(12g)

ニキビ跡

ニキビ跡やシミができる原因と改善方法

繰り返しできるニキビが、なんとか改善されてホッと一息したかと思ったら、ニキビ跡がチラホラと…

 

できているニキビをケアする以上にニキビ跡のケアは厄介なものです。

 

ニキビができたら跡にならないように、もしくは、濃くならないようにするお手入れ方法も考えましょう!

 

にきび跡のケアは薄いうちにスタートしなければ、紫外線によりあっという間にシミ化してしまうでしょう。

 

それだけ、進行が早くビジュアル的な悩みとして深刻に考える人も少なくありません。

 

ニキビ跡の原因

ニキビ跡の原因は、アクネ菌の増殖による炎症が進行し、赤ニキビ以降の段階で形成されることがほとんどです。

 

炎症がひどくなると赤く化膿したりしますので、目立つのが気になって潰してしまうこともあるかと思います。

 

このニキビを潰すという行為をすると、炎症を起こした皮膚組織が破壊されることで、皮膚にニキビ跡が残る可能性が高くなってしまいます。

 

ニキビ跡ができてしまうと、場合によっては一生治ることはありません。

 

アクネ菌の増殖が始まると、細菌の害から身を守るために好中球という白血球の一種が細菌を退治するべく活発に働き出します。

 

好中球は、ヒドロキシラジカルという物質を強力な殺菌作用のある物質をつくりだし、細菌と戦います。

 

炎症が起こり赤く腫れ上がる現象は、このヒドロキシラジカルと細菌が戦っている証とも言えます。

 

膿は、ヒドロキシラジカルに退治された細菌の死骸なのです。

 

炎症が収まったあと、皮膚組織が再生しようと収縮しると、皮膚が陥没してクレーターのようなニキビ跡ができてしまいます。

 

このように皮膚の内部組織が大きくダメージを受けるため、ニキビ跡は治りにくくなってしまいます。

 

シミの原因

シミもニキビができた後の後遺症の一つで、色素沈着と言います。

 

色素沈着は、ニキビばかりではなく炎症を起こした部分にもできやすいです。

 

これを、「炎症後色素沈着」と言って、同じように傷ができた後や、化粧品や薬品で炎症を起こした後にシミが残ってしまうのも、炎症後色素沈着によるものです。

 

このようにニキビは皮膚病の一種であり、放っておくと悪化したりニキビ跡として一生残ってしまうので、炎症が進行する前にきちんと適切なケアを行うようにしましょう。

 

ニキビ跡を治すために

ニキビ跡を治すためには、肌のターンオーバーによって皮膚が再生する力を手助けしていくと、改善が見られます。

 

ただ何もせず待っているだけでは、もちろんニキビ跡は改善しません。

 

肌のターンオーバーを助ける成分が多く含んだものを肌の奥深くに浸透させて、肌の再生化を手伝います。

 

また、肌が乾燥していていゴワゴワの肌では、有効な成分を肌に与えてもうまく吸収しません。

 

成分をしっかりと届けるためにも、うるおいのある肌である必要があります。

 

ニキビ跡、シミのスキンケア!

ニキビ跡もシミも、基本的にスキンケア方法は同じです。

 

クレンジングから紫外線対策までニキビ跡のケアを徹底的にスタートしましょう。

 

《クレンジングと洗顔が基本!余分な角質を除去》

 

クレンジングは毛穴の奥に詰まった角質や余分な皮脂をしっかり除去します。

 

こうした不要物が残ったままでいると色素沈着などを起こしやすくなるのです。

 

また、自分の肌にマッチしたものであればニキビ用の洗顔フォームや、洗顔石鹸からセレクトできます。

 

ニキビ用のスキンケア!セレクトが重要

ニキビ用のスキンケアは、たくさんあります。その中で、どのような目的でケアしたいのかが重要になってきます。

 

例えば、繰り返す白ニキビや赤ニキビ対策を考えるならば炎症を抑えるスキンケアを!

 

ニキビ跡が気になるなら、紫外線対策もできつつ、メラニン増加を抑制するケア選びをしましょう。

 

ニキビ用スキンケアといっても微妙に用途の違いがあるのです。

 

メラニンのケア美白をプラスしよう!

ニキビ跡をひどくさせてしまう要因に紫外線などの外部刺激があげられます。

 

紫外線は四季関係なく降り注ぎ、曇り空でも窓ガラスを通して、ニキビ跡を濃くしてしまうのです。ニキビ炎症部でメラニン増殖がおこり、黒く残ります。

 

これは、通常のローションやミルクなどで改善できるものではなく、メラニン抑制に特化した美白の役割となるでしょう。

 

一言で、美白といってもメーカーにより様々な成分があります。

 

例えば、コウジサン、カモミラET、アルブチン、ビタミンC誘導体などがあげられるでしょう。

 

また、美白といえば、美容液やクリームタイプなどのスペシャルケアを思い浮かべますが、スポットタイプといって、ビジュアルはまるでクレヨンや筆ペンのようなものが美白となっており、その箇所だけに集中してケアするタイプになります。

 

何箇所かのニキビ跡を集中して改善したいと願う人にはぴったりのケア方法ですね。

 

紫外線カットは念入りに!

ニキビ跡を悪化させないように美白を念入りに行うと決めても、忘れてならないのが紫外線カットです。

 

日焼け止めでしっかり日常紫外線をガードしなければ、高額な美白を継続しても効果が期待できないでしょう。

 

美白とUVは必ずペア使用が基本です。

 

メラニン排出を高める代謝促進ケアを!

また、せっかく美白とUVを使用しても、全然ニキビ跡が薄くならない。と嘆く人もいます。
決してリーズナブルでない美白を継続するのに目に見える効果が出ないのはとても切ないですよね。

 

肌は、疲れやストレス、寝不足などで代謝が落ちます。

 

そんな時にターンオーバーが乱れるとメラニン排出が鈍くなってしまうわけです。

 

これではニキビ跡を薄くするのは困難です。

 

1週間に1回?2回で良いので、マッサージケアを加えてあげましょう。

 

できれば、血行を高めるビタミンE成分や、指圧を高めるポリマーが配合されていればベストですね。

 

ピーリングケアはニキビ跡に効果的!

即座にニキビ跡を治したいという人も少なくありません。

 

結婚式などの特別なイベントにはツルツルの肌で参列したいものです。

 

日にちも近くて、自宅ケアでは間に合わないと慌てるならば、ピーリングという方法があります。

 

ピーリングとは肌の表面を薄く削る事で、聞くと怖い印象を受けますが、実は思っている以上に簡単で、安全です。

 

医療機関でのピーリングとは?

肌の凹凸や、ニキビ跡などを改善させる最大の施術が美容皮膚科や、美容外科などで行うピーリング施術です。

 

機関によっては、肌に糸を弾く程度の軽い刺激を感じるといいます。

 

自宅でできるピーリングケア

ピーリング効果のあるクレンジングや、ピーリング洗顔石鹸などで洗うだけのケアです。

 

コツコツニキビ跡を無くしたいと願っている人にはコスパも良く理想的なケアと言えるでしょう。

ニキビ跡やシミを隠したい!

ニキビ跡がシミになっていれば、すぐにでも隠してしまいたくなります。

 

そんな時は、ファンデのカラーの見直しをしましょう。

 

通常よりも濃いカラーを軽くのせるようにニキビ跡部につけていけば自然に跡がカバーできます。

 

また、部分コンシーラーを使うのも良いですが、ほお周辺にあるニキビ跡にはオレンジ系のチークを、顎周辺ならばハイライトやシェーディングでカバーしましょう。

 

メイクでニキビ跡をカバーしながら、ニキビ跡のスキンケアも両立させるのが理想的ですね。

 

まとめ

ニキビ跡に効くニキビケア商品の多くは、肌の根本的改善をあげているものが多く、肌環境を改善して、新しいニキビができるのを防ぐとともに今の肌を改善する有効成分がしっかり届くように開発されているものが多いです。

 

日常生活の改善ももちろん大切ですが、肌を健康な状態に戻すことも大切です。

 

その手助けをしてくれるのが、ここで紹介しているようなニキビ跡に効くニキビケアたちです。