ニキビ石鹸

MENU

ニキビを治すために選ぶ石鹸とは?人気ニキビ石鹸ランキング!

巷では、ニキビを石鹸で洗うと良いと評判です。

 

意外にもニキビ悩みで皮膚科を訪れると、皮膚科医は、洗顔フォームよりも石鹸を推奨する事が多いのです。

 

石鹸洗顔ではひどいニキビにならなくなった、憂鬱な生理前でも、ニキビに悩まされなくなったなどです。

 

石鹸のイメージがつっぱりそうとか、洗顔フォームでなくて大丈夫?なんて不安に思うユーザーも少なくないのですが、実際はどのような効果や、評判が得られるのかをまとめています。

 

人気と効果の高いニキビ石鹸をランキングでも紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

ニキビ石鹸ランキング

ノンエー

ニキビ石鹸

  • 着色料、香料、エタノール・鉱物油全て無添加のニキビ専用洗顔石けん
  • 7万人以上のご相談を分析し日本人の肌に合うように開発
  • 全額返金保証

ニキビ石鹸

ニキビ石鹸

価格 内容量 おすすめ度
2,722

★ノンエー石鹸(100g)
★ノンエーローション(10ml)
★ノンエージェル(5g)

ニキビ石鹸

 

しまぬくくる

ニキビ石鹸

  • 30歳を過ぎた肌が抱える肌トラブルを落ち着かせて、黒ずみシワ乾燥のない潤い肌を実現する
  • 沖縄の海泥くちゃ、月桃、海もずくなど、天然の美容成分で潤いを逃さない
  • 送料・支払い手数料無料、30日間全額返金保証

ニキビ石鹸

ニキビ石鹸

価格 内容量 おすすめ度
2,444

★しまぬくくる3個セット(60g)
★専用泡だてネット
★手ぬぐいor石鹸置き

ニキビ石鹸

 

どろあわわ

ニキビ石鹸

  • 美容泥のキメの細かい泡が、毛穴に詰まった汚れもごっそりと吸い出す
  • 使い続けたい98.5%、友達に薦めたい88%、使ってみて良かった86.7%
  • 無香料、無着色、無鉱物油

ニキビ石鹸

ニキビ石鹸

価格 内容量 おすすめ度
1,490

★どろあわわ(110g)
★泡立てネット

ニキビ石鹸

石鹸とはどんなもの?基本成分は?

最近はボディソープ、ハンドソープと、昔の固形石鹸を使用するスタイルが少なくなりました。

 

使いやすさや衛生面を考えれば前者に軍配があがるでしょう。
レトロな雰囲気のする石鹸は、ニキビ肌にとても良いと継続中の人も多く、通販などでもニキビ専用の石鹸をランキングにするなど、ニーズは拡大しつつあります。

 

昔から使用してきた石鹸の成分は油脂がほとんどで、あとは苛性ソーダや、精製水と、なんとシンプルな成分です。

 

これに香料などが加わると、おしゃれ石鹸などとして人気を集めます。

 

ほとんどが脂分と説明しましたが、石鹸を作る過程で他の物質に変化するため、決して油分を顔に塗っているなんてことにはならないでしょう。

 

ニキビ肌に油分だなんて、とんでもない!なんて思っていた人は安心してください。

 

ニキビを改善する石鹸をスタート

ニキビを改善するための石鹸を選ぶときにポイントとして次の2点に注目して下さい。

  • 汚れをしっかりと取る
  • うるおいを奪わない

毛穴の汚れを根本からしっかりと落とす石鹸を選ぶことが重要です。

 

毛穴に皮脂や汚れが詰まっていることが、肌の炎症を起こし、ニキビとなってしまいます。

 

ニキビを防ぐためにも汚れをしっかりと落とすことがとても重要なのです。

 

そして、汚れを落とすことに注目しすぎて、決して忘れてはいけないのが「うるおいを逃さないこと」です。

 

汚れをしっかりと落とすことはできるけど、その後につっぱって肌が乾燥してしまうような石鹸は極力避けるようにしましょう。

 

どちらかと言えば、うるおいを逃さないことの方が重要です。

 

ここで紹介している石鹸はどれもニキビ予防効果の強い石鹸なので、この点はクリアしていると言えます。

 

低価格な市販石鹸はニキビに良い?

ドラックストアなどで市販されている石鹸は、必要な脂分まで奪い去ってしまう石鹸が多くあるので、ニキビを悪化させてしまうこともあります。

 

ですが、中にはニキビが嘘のように改善された。などの口コミや体験談も見られます。
実際に次のような商品でニキビ改善に成功しています。

 

無添加石鹸

ほとんどの成分が油脂、精製水、苛性ソーダの基本成分から出来上がっているため、シンプルな成分が敏感なニキビ肌にとても優しく洗いあげてくれるのでしょう。

 

ニキビ肌で、敏感肌でもあるという人には良いでしょう。

 

薬用石鹸

薬用○○なんていう石鹸は、洗面所での手洗いのイメージですが、殺菌成分が配合されているため、ニキビに適していると使用している人もいます。

 

ですが、肌に強い成分であることから、肌荒れリスクも高まります。

 

食品成分の石鹸

お茶や、牛乳など、肌に優しい成分で作られた石鹸があります。
アレルギーなどがあれば、反応して肌には良くありません。
逆に、アレルギーでなければ、とても体に良い石鹸です。

 

少しの金額をケチってニキビがずっと治らないことを思えば、少し高くても、ちゃんとニキビを治す効果の高い石鹸を選んでおいた方が後々後悔しないと思います。

 

しっかりとニキビを治して、二度とニキビのできない肌を手に入れましょう。

 

ニキビを治すためのハイクォリティな洗顔石鹸!

ニキビを治すために開発された石鹸があります。様々な用途があり、自分の使いやすさや、成分などにより選ぶ事ができます。

 

《ピーリング効果的あり!の石鹸》

 

ニキビの凹凸が治って安心と思いきや、ニキビ跡が気になって仕方ないと思う人は少なくありません。

 

そんな時はフルーツ酸などで肌を平らにしてあげると良いでしょう。

 

ピーリングというイメージが、肌を削るという意味で、ちょっと怖いイメージであったり、「痛みがあるのでは?」

 

と思いがちですが、実際の洗い上がりはマイルドです。

 

しかも、嬉しいことに、ピーリングした跡の肌をヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分で保護してくれるのはありがたいですね。

 

消炎成分配合

ニキビの炎症がひどいと、軽い痛みのあるケースが殆どです。

 

特に赤ニキビの時には触ると痛みがひどくなるなど、洗顔によりエスカレートするのではないかと不安になるでしょう。

 

そんな炎症を抑えつつ、肌に優しいニキビ用の洗顔石鹸もあります。

 

ホルモンバランスに着目!

環境の変化や、年齢の節目に生じやすいホルモンバランスの乱れはニキビ肌を引き起こす最大の原因です。

 

特に大人ニキビに関係する女性ホルモンの安定化が大切です。

 

女性ホルモンに似た役割を果たすイソフラボンの効果を期待しましょう。

 

大人ニキビがなかなか改善されない人は、注目の成分、イソフラボンにチャレンジするのも良いですね。

 

デリケートなニキビ肌を守る石鹸

ニキビ肌という事は、肌のバリア効果が乱れていると言っても過言ではないでしょう。

 

そんなトラブル肌はちょっとした刺激にも敏感になって痒みやかぶれなどにも発展しやすいのです。
そんなデリケートな肌は無添加や低刺激の洗顔石鹸でしっかり洗いあげましょう。

 

香料や着色料などの肌を刺激してしまう余分な成分を取り込まないお手入れができます。

 

天然成分が安全、安心

食の安全を求めるように、スキンケアの安全も、求めたいものです。そのまま肌に触れて浸透するものですから。

 

そんな安全や安心を完璧に求めたいユーザーは、植物、海藻など自然由来の成分配合石鹸がおすすめです。

 

まとめ

ニキビ肌に洗顔石鹸を使用するのは、いまやメジャーな事なのですね。

 

ニキビ用のウォッシングフォームと比較すれば、どちらもメリット、デメリットがあります。

 

自分がどのようなニキビケアを望んでいるかがセレクトのポイントとなるでしょう。

 

洗顔石鹸は、泡立てさえしっかりすれば、毛穴の汚れや皮脂の固まりをしっかり除去してくれる優れものです。

 

何と言っても、泡の弾力性がとても心地良いでしょう。